養毛剤 白髪

養毛剤で白髪は治る!?

髪の毛の悩みがある人は養毛剤を使っている人も多いのではないでしょうか。
養毛剤は育毛剤や発毛剤と比べると穏やかな効果が期待できるものです。

 

 

養毛剤は「化粧品」に分類されるものが多いです。
育毛剤は「医薬部外品」発毛剤は「医薬品」と分類されていることが多いです。
化粧品、医薬部外品、医薬品ではもちろん効果のあらわれかたにも差があるのですが、
養毛剤のような化粧品に分類されているものは「発毛促進」「育毛」などの表現を
記載することは薬事法で禁じられています。

 

 

養毛剤の本来の使用の目的

養毛剤は髪の毛が生えてくるように働きかけていくものというよりかは、
今現在で生えている髪の毛に対して何らかのサポートをしていくものです。
例えば、髪に働きかけていくというよりも髪の毛が生えるための地肌に栄養を
与えたりしていくものです。

 

養毛剤は、育毛剤や発毛剤よりも比較的に緩やかな効果があらわれます。
効果の違いは配合されている成分に違いがあるからです。

 

養毛剤は髪を保護することで抜け毛を予防していきます。
養毛剤は、たとえ抜け毛に効果があったとしても「抜け毛予防に効果的などの」記載は
できません。もちろん他の具体的な表記もできません。

 

 

養毛剤の効果

化粧品に指定されている養毛剤ははっきりとした言い回しで
何に効果があるという記載はメーカー側からはされていません。

 

しかし養毛剤の効果のタイプは2種類あると思われます。
それは「発毛促進する養毛剤」と「抜け毛抑制の養毛剤」です。

 

発毛促進する養毛剤

発毛を促進するような養毛剤は頭皮の血行をよくする作用があります。
頭皮の血行が悪くなると頭皮まで栄養素が届かなくなってしまいます。
栄養素が届かなければ、髪は育っていくことができないのです。
血行をよくすることで頭皮まで栄養を行き渡らせることができます。
栄養があれば発毛が促進されるということにつながります。

 

抜け毛抑制の養毛剤

養毛剤には頭皮を乾燥させないようにする保湿成分が含まれている場合が多いです。
フケや皮脂を抑えていく効果があるのです。頭皮の環境の悪化は抜け毛につながるので、
養毛剤で頭皮を保湿していくことで頭皮環境を改善していきます。

 

 

養毛剤で白髪が減るという口コミ

養毛剤を使っている人の口コミなどを読んでいると、
薄毛が解消された、髪質が良くなった、というものをよく見かけます。
その他にも、気になる口コミもよく見かけます。
それは「養毛剤を使ったら白髪が減った」というものです。

 

養毛剤には「白髪にも効果的!」のようなことはどこを見ても書いてはありません。
養毛剤が白髪を黒くするというのは、実際に養毛剤を使ったことがある人からでないと
聞けない感想であり効果なのです。

 

白髪の対策方法は薄毛の対策方法と似ているところがあります。
それは頭皮の血行をよくするということと、頭皮環境をよくするということです。
髪の毛は生えてくる前はもともと無色のものです。

 

生えてくる際に毛根部分にあるメラノサイトでメラニン色素を分泌して髪の毛を黒くします。
メラノサイトの働きが鈍ってしまうと白髪になるのです。
メラノサイトの働きを活発にするためには血液が必要なのです。
血液が必要な理由は栄養素をメラノサイトに運ぶためです。

 

養毛剤には、頭皮の血行をよくする効果があります。
頭皮の血行がよくなるということは白髪も改善される可能性が高いということになります。
生えてしまった白髪は黒くはならないけれど、これから生えてくる部分からは
黒い髪になるということもあるのです。