養毛剤

AGAなら養毛剤はまだ買うな!

養毛剤は、脱毛を抑えて毛髪を保護する働きがあります。

 

頭皮を健やかに保つ栄養成分や保湿成分、
皮脂、フケを抑える成分などが含まれており、
頭皮環境を整えて今生えている毛髪の脱毛を防いでくれます。

 

育毛剤や発毛剤に比べると薬効も比較的穏やかで、
副作用を心配する必要もありません。

 

値段も1000円前後と手頃なものが多く、
手軽にそして気楽に始めることができるのが養毛剤です。

 

 

「最近、抜け毛が気になりだしてきた・・」

 

「最近、もしかして髪が薄くなったかも・・」

 

 

と、髪が気になりだした人の中には養毛剤の購入を
検討している人がいると思います。

 

ですが、先に忠告しておきます!

 

 

 

養毛剤はAGA(男性型脱毛症)には効きません!

 

AGA(男性型脱毛症)なら、養毛剤ではダメなのです!

 

 

・・・

 

抜け毛を防いで毛髪を保護する養毛剤・・・

 

養毛剤は、使う人が使えばそれなりに効果があるヘアケア用品です。
安価に、そして手軽に始められるのが何よりのメリットです。
別に養毛剤が悪いわけではありません。

 

ですが、

 

AGA(男性型脱毛症)なのであれば、養毛剤ではムリです!

 

養毛剤でAGA(男性型脱毛症)を改善するのは、はっきり言ってムリなのです!

AGA(男性型脱毛症)とは!?

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、日本語で言えば「男性型脱毛症」のことです。

 

抜け毛や薄毛に悩む男性であれば、”AGA”、”男性型脱毛症”という言葉を
どこかで一度や二度は聞いたことがあると思います。

 

AGA(男性型脱毛症)の原因はズバリ、男性ホルモンです。

 

男性ホルモンが原因で薄毛が進行していくのがAGA(男性型脱毛症)です。
薄毛の進行の仕方は人それぞれですが、ハゲ方の特徴は以下のとおりです。

 

  • 前髪が後退していくパターン
  • 頭頂部に薄毛が広がっていくパターン
  • 前髪+頭頂部の薄毛が同時に広がっていくパターン

 

 

養毛剤はまだ買うな!手遅れになる前の最後通告!

 

 

AGA(男性型脱毛症)の厄介な点は、放置しておけばどんどん薄毛が進行していく点です。
男性ホルモンは加齢と比例してその分泌量が増していきます。

 

AGAを放置しておけば、側頭部と後頭部の髪を残して
全ての髪が抜け落ちてしまうと言われているのです。

 

AGAなのであれば、手遅れになる前に一刻も早く対処する必要があるのです。
髪が抜け落ち、毛根が死んでしまえばもう手遅れです。
死んだ毛根を復活させることはできません。
AGAなら、薄毛が進行する前になるべく早く手を打たなければならないのです。

 

で、

 

AGAの対策をする前に知っておかなければならないのが、
AGA(男性型脱毛症)のメカニズムです。

 

AGA(男性型脱毛症)の原因は男性ホルモンですが、さらに細かく具体的に言えば、
活性型男性ホルモンであるジヒドロテストステロンという物質が原因になります。

 

このジヒドロテストステロンが脱毛作用を働くことでAGAは進行していきます。

 

男性ホルモンのそもそもの成分はテストステロンという成分なのですが、
このテストステロンが5αリダクターゼと呼ばれる体内酵素の還元作用によって

 

 

テストステロン+5αリダクターゼ → ジヒドロテストステロン

 

へと変化します。

 

 

養毛剤はまだ買うな!手遅れになる前の最後通告!

 

 

テストステロンが5αリダクターゼ酵素の作用によって変化したジヒドロテストステロンが
AGA(男性型脱毛症)の原因なのです。

AGAを改善、克服するには!?

AGA(男性型脱毛症)の進行を抑えたいのであれば、ジヒドロテストステロンの発生を抑えることです。
ジヒドロテストステロンの発生を抑えたいのであれば5αリダクターゼ酵素の作用を抑えることです。

 

分かりやすくまとめれば以下のようになります。

 

 

  • AGAの原因物質は、ジヒドロテストステロン
  •  

  • AGAの進行を抑えるには、ジヒドロテストステロンの発生を抑えること
  •  

  • ジヒドロテストステロンの発生を抑えるには、5αリダクターゼ酵素の働きをブロックすること

 

 

AGA(男性型脱毛症)の症状が既に表れ始めているのであれば、
一刻も早くAGA対策をしなければなりません。

 

AGAの根本的な原因はジヒドロテストステロンと呼ばれる物質です。
ジヒドロテストステロンの発生を抑えることがAGAを改善、克服するの道です。

 

そして、ジヒドロテストステロンの発生を抑えたいのであれば、
5αリダクターゼ酵素の働きをブロックすることなのです。

 

5αリダクターゼ酵素の働きをブロックすれば、
テストステロンがジヒドロテストステロンへと変化しなくなり、
ジヒドロテストステロンは発生しないのです。

 

すなわち、AGA(男性型脱毛症)を改善、克服することができるのです!

養毛剤でAGA対策はムリ!

AGA(男性型脱毛症)が既に始まっているのであれば、
一刻も早く対処する必要があります。

 

ですが、残念ながら、

 

 

養毛剤でAGA(男性型脱毛症)の対策をするのは、はっきり言ってムリです!

 

 

なぜなら、養毛剤で5αリダクターゼ酵素をブロックすることはできないからです。
養毛剤でジヒドロテストステロンの発生を抑えることはできないからです。

 

養毛剤は化粧品に分類されるヘアケア用品です。
医薬部外品や医薬品に分類される育毛剤や発毛剤などと異なり、
含まれる成分は制限があるのです。

 

養毛剤の主な目的は、今生えている髪の脱毛を防ぎ、今生えている髪を保護することです。

 

養毛剤で5αリダクターゼ酵素をブロックすることはできません。
ジヒドロテストステロンの発生を抑えることはできません。
AGA対策をすることはできないのです。

 

養毛剤はあくまで化粧品に分類される商品であり、
医薬品でもなければ医薬部外品でもありません。

 

養毛剤に分類される商品の中で、5αリダクターゼ酵素の働きをブロックするものはないです。
あくまでも化粧品である養毛剤に、そういった成分を含めることはできないからです。

 

養毛剤でAGA対策がムリなのはそのためです。
養毛剤にもそこまでの効果は期待できないのです。

AGAに一番効果的な育毛剤(養毛剤)とは!?

養毛剤は化粧品に分類される商品であるため、AGA対策には向いていないことをご説明しました。

 

 

「それじゃあ、一体何を使えばいいんだ!?」

 

「AGA(男性型脱毛症)なら、どうすりゃいいんだよ!?」

 

 

そんな疑問を抱いた人も多いと思います。
何を選ぶべきかで頭を悩ませている人も多いと思います。

 

そんな人に最も効果的なものを一つ紹介するとしたら、チャップアップという育毛剤です。
チャップアップは養毛剤ではなく、育毛剤に分類される商品です。

 

 

⇒ 公式サイトはコチラ!

 

 

化粧品に分類される養毛剤ではなく、医薬部外品に分類される育毛剤です。
育毛剤に分類される商品は様々なものがありますが、

 

 

チャップアップは、AGA対策に最も効果的な育毛剤

 

 

だということです。

 

育毛剤は様々な商品がありますが、チャップアップの特徴の一つが
5αリダクターゼ酵素の還元作用をブロックするところ。

 

5αリダクターゼ酵素の働きをブロックし、AGAの元凶である
ジヒドロテストステロンの発生を抑える効果がピカイチなのです。

 

5αリダクターゼ酵素の働きを抑える効果のある育毛剤はチャップアップ以外にもいくつかあります。

 

ポリピュアEX、イクオス、ブブカ、プランテル、MSTT1、HAYABUSA、QEPPER・・・

 

といったところがその代表格でしょう。

 

 

 

 

ですが、これらの育毛剤と比較しても、チャップアップの5αリダクターゼ酵素の
ブロック作用は圧倒的に強いです。その違いは以下のとおりです。

 

5αリダクターゼ酵素のブロック力

養毛剤はまだ買うな!手遅れになる前の最後通告!

 

 

もちろん、それだけではありません。

 

一般的な養毛剤に含まれているような薬効成分ももちろん含まれています。
頭皮環境の改善、頭皮の血行促進、毛根の活性化、髪の原料となる栄養素の補給など、
ヘアケアのあらゆる側面において効果的な育毛剤なのです。

 

育毛剤の効果効能というのはそれぞれの商品によって異なります。
別にチャップアップが一番優れた育毛剤だというわけではありません。

 

 

ですが、

 

 

男性ホルモンが原因のAGA(男性型脱毛症)が進行し始めているのであれば、
その根本的な原因の対策に最も効果的なものを使用すべきで、それがチャップアップなのです。

 

 

AGA対策に最も効果的な育毛剤

チャップアップ

 

養毛剤はまだ買うな!手遅れになる前の最後通告!

 

 

 

何度も言うように、AGAは放っておけばどんどん症状が酷くなる一方です。

 

自分がAGA(男性型脱毛症)だと自覚しているのであれば、
AGA対策に最も効果的なものを使用すべきです。

 

抜け毛や薄毛の一番の原因は何なのかということを把握し、
その原因の対策に最も効果的な対処をすべきなのです。

 

手遅れになる前に、使用すべき商品選びには細心の注意を払ってください。